『はつゆきさくら』 レビュー。卒業ってこんな感動するもんだったのか…




「はつゆきさくら」応援CHU!!


SAGA PLANETSから2/24に発売された『はつゆきさくら』をプレイ。

久しぶりに夢中になってやったエロゲーです。体験版もやらなかったので、デモや周りの反応からどうやらただの恋愛モノじゃないってのは分かってましたがまさかこういう設定だったとは…

ちょっと突拍子もない設定ですが、無理にご都合主義にしたり、あからさまなお涙頂戴ストーリーにしなかったのがグッドです。だからこそ最後のGraduationが映えるわけで、ラストの方は演出も相まって思わずウルリッヒと何かを零すところでした。

またキャラがみんな可愛いですし、しっかりとストーリーに絡む(謎が明かされていく)ので、だれることなくやれました。まぁ個別入ると他の子はあんまり出てきませんが。

シナリオ、CG、演出、キャラ(声含む)のバランスが総じて高く、エロゲーを愉しむ諸兄におかれましてはやっておいて損は無い、2012年を代表する作品の一角であると思います。

というわけで以下詳しい感想。ネタバレはほとんど無い…はず

※空白になっている部分は反転で表示されます。


■シナリオ

あらすじは公式参照。

主人公があんなん(不良なうえに化け物)ですが、しっかりイチャつきます。イライラするくらいラブラブです。そのくせしっかり話は進みますし、その甘さに甘えた終わり方をしないのが個人的には非常に好みです。戻ってこない輝く季節へみたいな。

全体通して伏線の張り方が上手いなぁと思いました。処理の仕方も良く、『BALDR FORCE』みたいに特定のルートからガッと謎が明かされていくのではなく、それぞれのルートで徐々に分かっていくのはモチベーションにも繋がってやりやすかったですね。



正直なところシナリオの大筋については別にコレといった感慨はないんですが、シーンのメリハリ=構成、印象的なBGMなど演出が素晴らしく、気が付けばwktkして先へ先へとクリックするシナリオでした。また一貫して「卒業」がフレーズとして繰り返されるので、最後の最後で卒業するって時のカタルシスは演出も相まって感動しました。

強いて言えば、卒業式(とゴーストパーティー)をわざわざ彼岸の入りにやったり設定は細かいので、もう少し街の歴史についてやゴーストパーティーについて詳しく説明というかオカルト要素をプラスして欲しかったですね。

個別で見るとグランドは別格として希ルートは成長がしっかり見られて良かったです。シロクマルートも前向きで良かったですねー

攻略順は
桜BAD→夜→綾→シロクマ→希→グランド がいいんじゃないかと思います。


■キャラクター



竹田、金崎ルートがあるのかと思いきやあの短さ、しかもHナシとか('A`)
まぁ彼女らには初雪を救うだけの関係は築けないということなんでしょうね。

全キャラに言える事ですが、キャスティングが見事です。絵も大変可愛らしいですが、声優って偉大だな!と思えるくらいいい仕事してます。


■玉樹桜
メインだけど色々と報われない子。でも可愛さは他に引けを取らないぜ!
シモネタ時の「ぴゃー」と「バニー」の時の声が異常に可愛いと思うんだ。
正統派イチャラブ。健気過ぎて泣きたくなってきた。

■小坂井綾
シナリオの都合上可哀想な子。
でもグランドルートで見せ場アリなので……綾と幸せになる道も欲しかったな 。・゚・(ノД`)・゚・。
デレてからが半端なく可愛いのできゅん死注意。好きです。

■あずま夜
何より声が可愛い。とりあえず公式のサンプルボイス3番目を最後までしっかり聞いて来るんだ。
CVは桐谷華さんという、最近話題の人。

桐谷華さんの声が素敵すぎて生きるのが辛い ―あしたがみえない さま

作中では「処女だもん!」とその辺りの「違うぅ」の声がベストヒットでした。

■東雲希
これも声がずるい。しかもおっぱいが一番でかい。
シナリオ、キャラデザ、性格設定と全てに恵まれた子ではないでしょうか。



しかし杏子御津さんは妹ボイス多いなー

■シロクマ



関わりが薄そうなただのロリっ子かと思いきや全然そんなことは無かったぜ!
恋する辺りも可愛いですが、Σ(゚д゚) エッ!? となるくらい短いです。

なんてね、EDが流れてからがこの子の本番。
一途な思いと、前向きな終わり方がやってて気持ちよかったです。他ルートではほぼ出番ないですが。

■その他
ラン……最後もうちょっとセリフあっても良かったんじゃないかなぁと。
東雲妻……もうちょっと仲良いエピソードが欲しかった
久保、室屋……ネタキャラかと思いきや割りと良いポジションだった二人。室屋が好きです


■演出

演出として各所で挿入歌が流れますが、一番びっくりしたのはやっぱりI'veの「freak of nature:start」ですね!まさかVERGEの曲をこのタイミングで聞くことになろうとは思いませんでした。やっぱり昔からI'veの曲を使ってただけはあるぜ!

ほか、BGMも名曲!とまではいきませんが、シーンをバッチリ盛り上げてて良かったです。


■まとめ



願わくばこれを高校生の頃にやりたかったですね。そうすれば卒業式も楽しかっただろうなぁ…もちろん高校生はエロゲダメですけど。

「卒業」がテーマですが、なにも学校を卒業するだけでなく、過去に縛られること、これしかないと意固地になること、そういう色々な気持ちに区切りを付けて、前に向って行く姿が描かれていたのが良かったですね。ゴーストとは何か、死者と生者の違いを作品中で語っていますが、いろんなことに置き換えて考えられることなので、立ち止まりそうな時にまたやり直したいと思います。

最初から好きでしたが、改めて見るとキャッチコピーが秀逸ですね。

初雪から桜まで、卒業おめでとう



デモ中のフレーズも素敵なのでぜひ。

大変良きゲームでした!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

管理人:KOH
エロゲとかフィギュアとか写真のブログです。
好き放題書きます。
何かありましたら sabnock7@hotmail.com まで

■search this site.

■categories

■gallery

■selected entries

■Link

■recent comment

■recommend

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM