『追奏のオーグメント』 TG先行体験版感想。キャラが可愛い!





テックジャイアン7月号に収録されている『追奏のオーグメント』の体験版をプレイ。時間は2時間ほど、エロシーンはなしです。姉ちゃんの裸があるくらい。

暗い雰囲気なのでてっきりそういうダウナー系主人公でシリアス目なテキストかと思いきや、これがなんとコミカル系! 主人公ボケまくり! 周りもノリまくり!

ちょっと面食らいましたが抑えるところは抑える主人公のようで、初対面の菜実や紗月の好感度はガンガン上がり(というか元から高そう)、体験版ラストでは非常に爽やかな青春モノという感じがして良かったです。……ってあれ?

詳しい感想は続きから。
シナリオ



上述の通り、公式サイトのシリアスな雰囲気とは裏腹にテキストはとてもコミカル。シモネタが非常に多く、また姉ちゃんや陣兄など頭のねじがおかしい人が多いのも特徴的。秀逸なのが菜実との掛け合いで、普段はボケに回る主人公につっこませる流れは見ていて面白かったです。

ただ本当に、こういうテキストを予想していなかったので人によっては最初で( ´゚д゚`)エーと思う人も居そうです。特に序盤の家族の絡みや陣兄がちょっとウザいなーと思いました。ただそこを抜けて、段々と慣れてくれば結構笑いどころが多いテキストだと思いますし、体験版ラストのゲーセンで主要人物が顔を合わせるところなんかは青春っぽくて良かったですね。



あらすじは昨日の記事で書いたのでそちらを参照のこと。

『追奏のオーグメント』が面白そう

体験版でさらに分かったことは、オーグメントが魂を集める目的が自分の魂を浄化するためにあること。その浄化作用は幸福に自然死した人間のモノが非常に大きいため、満たされずに死んだ主人公にとりついて60年前に遡らせ、満たされなかった原因である生涯の伴侶を得る手助けをしてくれるのです。

といっても上の画像のようにマジでキューピッド役でなにかしてくれるとかいうのは今のところないですし、そんな積極的な絡みもないので今後どうなっていくかはさっぱり不明。ただこの声といい身長の低さ(145僉)といい、中身が幼女の可能性もあるので3人攻略した後のオーグメントルートがありそうで怖い。まぁ多分あるでしょうけど。

キャラクター




・詩帆
幼馴染で勉強も出来てスタイルも良くて、かといって真面目過ぎない詩帆は古からの幼馴染像にのっとりましたと言わんばかりのキャラクター。主人公のことを気にしている描写がちらちらと見えるので、落ちるのはもうすぐですよコレ。

・紗月
お兄ちゃんへの好きと主人公への好きはまた別物なんでしょうね。ただお兄ちゃんのことを褒める前からちょっとデレてたような気がしたんですが、気のせいでしょうか。ビジュアルが一番好みです。

・菜実
ビジュアル・性格を総合すると一番可愛いと思います。典型的な文学少女系後輩かと思いきやノリツッコミを誘う出来ちゃう子。菜実にはあまりシモネタを使わないし、イベントが全部紳士的なモノなのでこれは主人公に惚れちゃうのもしょうがないにゃあ!


まとめ



体験版で導入からヒロイン3人の顔合わせ、多分共通の始まりだと思いますが、そこまでプレイしてみても作品の本筋まだまだ分からない感じです。ただ間違いなく普通の青春モノで終わらないのが本作。





OPムービーより、ただの青春で終わらない証拠。あれですかね、シュタゲみたいにヒロインが死ぬ度に飛べよぉぉぉ!で喉を刺す作業が始まるんですね、分かります。

青春していく彼らに何が待ち受けているのか――そこら辺がとても楽しみですね! 『追奏のオーグメント』は8/24発売予定です!


おまけ



叩くだからドラムか弐寺か……もしくは太鼓? ゲーセン好きな子たちだったので俺の中で評価がうなぎのぼりです。もっとゲーセンをテーマにしたゲームとかアニメとかラノベとかあればいいのに……『ゲームセンターあらし』的なのじゃなく。



そしてこれは間違いなく弐寺……! こういうのがあると面白いですね!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

管理人:KOH
エロゲとかフィギュアとか写真のブログです。
好き放題書きます。
何かありましたら sabnock7@hotmail.com まで

■search this site.

■categories

■gallery

■selected entries

■Link

■recent comment

■recommend

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM